夢は枯野を駆け巡る

中年女性が日々、鬱々とした気持ちで過ごしています。走ることや橋のことなど雑多なことを書いています。自己ベストは2018年12月のさいたま国際マラソン3時間16分。夢は国際ランナーになること。

タートルマラソン(ハーフ)振り返り

10/21(日)は北千住で行われた「タートルマラソン」(ハーフの部)に参加してきました。毎回運営に何かしらの問題点があって参加を迷うのですが(笑)、時期が丁度良いのと家から近いのもあって毎年参加しています。

***

当日は8時半過ぎに現地に到着。9時くらいにトイレに並びましたがこれが長蛇の列。
明らかにトイレの数が去年より減ってしまっています。最初は常設トイレに並んでいたのですが一向に進まないため、係員さんの助言により仮設トイレに並びなおし、9時半過ぎにやっと済ますことが出来ました。危なかった・・・。9000人を超える参加者に対して、トイレが20基(男性用も含む)では足りないと思います。

トイレが予想以上に時間がかかったので、スタートまではバタバタ。一緒に参加したサークルメンバーにはトイレ渋滞でスタートに間に合わない人もいました。

 

今年は初めてウェーブスタートが導入されました。私は第二ウェーブのAゼッケンでした。しかしこれが大変なことに。

第一ウェーブと第二ウェーブの間隔は20分。第一と第二は速度別に分かれていないため、後半、第二は第一に追いついてしまい、速度の遅い人たちをかき分けつつ進まなければならない羽目に。給水も歩いている・止まっている人が多数いるのでうまく取ることができず、ゴミも捨て辛い。はっきり言って、第二ウェーブのAゼッケンはかなり走りにくかったです。そして、あまりに周りと速度が違いすぎて危険でした。

私は1時間31分で走ったのですが、後半はだいたい1時間50分から2時間くらいで走る第一ウェーブのボリュームゾーンに突っ込まざるを得ませんでした。

走行車線の右側を追い抜きながら走るのですが、10kmの部やウォーキングの人たちもいるのでカオスで、急に止まったり進路を変えられたりするたびにぶつかりそうになりました。

初めての試みで仕方のない事でしたが、これは改善していただきたいと思いました。(でもよく考えたらこうなることは想像できたよね?w)

タイムを競う大会ではないというのがコンセプトではありますが、みんなが気持ちよく走れるために安全に走れることは大切だと思います。

 

私のレース自体の展開は

(S~5) 4:19-10-14-15-17
(6~10) 4:13-24-23-17-21
(11~15) 4:11-19-23-12-16
(16~20) 4:18-22-21-21-21
(21~G) 4:17-0:44

 

気温は低かった(19℃~22℃くらい)ですが、日差しが強かったので暑く感じました。前回のタートルの記録が1時間32分だったので、その記録は越えられないだろうなーと思ってましたが、1分ほど短縮できたのでよかったです。

今回から完走証はネットでダウンロード。

トイレにも長蛇の列、参加賞渡しにも長蛇の列でしたので、まぁこの措置は賢明だったのかも。

それにしても、歴史の長い大会の割には、いろいろ毎回あるなぁという印象です(笑)
良い大会になるポテンシャルはあると思うんだけどなぁ!

今回はちょぴり辛口レポでしたが、改善されたらいいなぁという期待を込めて。大会関係者の方や、ボランティアの方々、応援の方々には感謝申し上げます。

天気は良かったし、のどかだったし、にぎやかで楽しい大会でした^^ 

f:id:shukuzou:20181022114439j:plain