夢は枯野を駆け巡る

中年女性が日々、鬱々とした気持ちで過ごしています。走ることや橋のことなど雑多なことを書いています。自己ベストは2018年2月京都マラソンの3時間19分1秒。夢は国際ランナーになること。

かつしかランフェスタ振り返り

3月11日(日)

かつしかふれあいRUNフェスタ(ハーフの部)に参加してきました。

f:id:shukuzou:20180312114353j:plain

ハーフの部は10時40分と遅めのスタートです。スタート時は曇り空でしたが、途中から晴れて気温も上がり、レース後半は少し暑く感じました。

コースは荒川の河川敷で、堀切水辺公園をスタートし葛西橋手前まで南下して折り返し、一度ゴール地点を通り過ぎ2.5kmほど堀切橋をくぐり北上しまた折り返して戻るという、平坦&単調なコース。足立フレンドリーとほぼ同じw

そしてレース展開も足立フレンドリーとほぼ同じでした(爆)

 

ラップドン。

4:22/ 4:15/ 4:16/ 4:21/ 4:19/

4:21/ 4:23/ 4:19/ 4:22/ 4:24/

4:21/ 4:22/ 4:25/ 4:27 /4:24/

4:28/ 4:27/ 4:33/ 4:34/ 4:39/

4:38/ 0:52(200m) 

1時間33分33秒

 

最初の1kmはスタートロス19秒を含んでいますから、明らかに飛ばしすぎました。

そして当初の予定では4:15~4:20あたりで巡航予定でしたが早くも4kmくらいで維持できなくなり、あとは苦しいのを必死で耐えるのみでした。心配していた股関節の痛みは出ることはなく、呼吸が苦しいだけ。

8kmくらいで第一折り返しがあるのですが、そこで自分の順位を確認すると、たぶん女子10位くらい。こんなに頑張っているのに入賞圏外(注:入賞は8位まで)だなんて今回、なんかレベル高くないですか?と若干逆ギレ。ブログに「私の野望」として「入賞狙ってく!」なんて書かなければよかった~とおもいっきり後悔。

それでも途中で2人パスして(数え間違いがなければ)8位の位置に。

そうなると今度はその女子にいつ抜き返されるか気が気ではなく、最後まで気の抜けないレースになりました。(その割にタイムはダダ下がっているけれどw)

 

ゴールしてから8位の札を貰った時には正直ほっとしました。一応、ギリギリ入賞。

こんなに辛い展開になるとは思ってなくて自分の甘さを反省。もうちょっと気軽に走ってこのくらいのタイムになる予定だったのに、そんな余裕は1mmもなくて、全力出し切ってのこの結果です。そして、前回のみさとシティから1ヵ月しかたっていないのに、タイムが3分も落ちた自分の劣化っぷりにちょっとショック。というより、前回たまたまコンディションが良かっただけのような気も。

まぁ、そうは言っても走り終わった後は爽快で楽しい一日だったのでした。

 

ゲストランナーがM高史さんで、表彰式では彼から賞状を頂きました。

f:id:shukuzou:20180312114249j:plain

川内君じゃないんだけど、川内君から貰った気分になる(笑)

M高史さんのものまね10連発をステージで初めて見ましたが、結構面白かったです。

彼は10kmの部に出場していましたがスタート前にも1発ものまねを披露。平井堅のものまねで「石焼き芋」を歌っていました。(彼の鉄板ネタ?)周りから「川内君のものまねじゃないんかい」って突っ込みをされていましたが。(これもお約束?)

ほかにも抽選会があったり、ハーフ男子100番200番、女子100番には東京マラソン出場権が当たったり、キリ番景品あり、と楽しい企画盛りだくさんですので、興味ある方は来年ぜひ!(地元葛飾推し)