夢は枯野を駆け巡る

中年女性が日々、鬱々とした気持ちで過ごしています。走ることや橋のことなど雑多なことを書いています。自己ベストは2018年12月のさいたま国際マラソン3時間16分2秒。夢は国際ランナーになること。

ウルトラマラソンを想う

昨日は柴又100Kが開催されましたね。
私は選手としては一度も参加したことはないのですが、開催場所がご近所なので応援したりボランティアしたり、と毎年何らかの形で関わっています。

今年は日中用事があったため、朝6時過ぎに江戸川河川敷にてスタートを見送り、そして用事を済ませて、夜の19時にまたゴール地点まで戻ってきて応援しました。

今年は時期も前倒しになったし、そこそこ走りやすいのでは・・・?と思っていたのですが、予想以上に暑かったし、復路は向かい風も強かったようです。

地元サークルのメンバーの一人は制限時間2分前のギリギリゴールと、かなり苦戦していました。それでも時間内に完走できるのと、制限時間オーバーするのとでは雲泥の差、ラストは本当にハラハラしましたが、100kmも走って数秒、数分に泣くことにならなくて良かったです。

******

ウルトラマラソンを見ていると、「100km、60kmも走る変態がこんなにいるwwww」って揶揄する思いと、一文の得にもならないことを一生懸命やっている真剣さに胸を打たれる思いとが、ないまぜになって、なんとも言えない気持ちになります。

そして走っている人の熱気を受けて、やっぱり来年は私もウルトラをまた走ろう!と思いました。走っている人を見ると辛そうなのに、でもなぜか惹きつけられてやまない。

一時の気の迷いかもしれないけれど、その熱に当てられてしまうほどの魅力がウルトラにはある、と思う。

一日たった今日も、まだ熱が残っていて、少し興奮状態です(笑)
明日になったら正気に返るかなw

f:id:shukuzou:20190520152227j:plain

 昨日走った方々、お疲れさまでした。