夢は枯野を駆け巡る

中年女性が日々、鬱々とした気持ちで過ごしています。走ることや橋のことなど雑多なことを書いています。自己ベストは2018年12月のさいたま国際マラソン3時間16分2秒。夢は国際ランナーになること。

春日部大凧ハーフ【レポ】

さてさて、少し時間がたっちゃいましたけど、春日部大凧ハーフの振り返り。

*********

この大会のハーフは10時4分スタートと、スタート時間がちょっと遅め。地元駅を7時頃に出発し、最寄駅の南桜井駅に8時過ぎに到着。そこから会場までバスも出ていますが、歩いて20分もかからない距離だったので、てくてくみんなの行列についていきます。会場には大凧の看板がどかーんと鎮座ましましていてわかりやすいw

f:id:shukuzou:20190505232723j:plain

庄和体育館で着替え&ロッカー(100円返却式)使用。女子更衣室はとても空いていました。貴重品をロッカーに入れて(貴重品預け所もある)、走友会の陣地へ。

今回の目標はキロ5カットの修行走。

********

Cブロックスタート。ロスタイムは33秒でした。

そこからしばらく渋滞。最初の1kmラップは5:02。うぇー、キロ5カットして走りきる予定だったのに、最初から取りこぼしてしまった(^_^;) でも、これはしょうがないですね。2kmすぎくらいに自分のペースで走れるようになりました。

その後4:35~4:40くらいで巡航。普段のハーフペースよりだいぶ遅いので余裕があるけれど、暑いからいつつぶれるかわからない。キロ5ぎりぎりで走ったほうがいいのか、このペースで最後までもつのか、その辺がわからず、自重しながら走ります。

10kmすぎにモチコロさんと出会いました。走っていていつのまにか真隣がモチコロさんでびっくりしちゃいましたw すごい人数走っているのに、こんな奇遇ってあるんですね。せっかく出会えたのに気の利いた一言が出てこなかったのが痛恨の極み。でも元気を頂きました!

江戸川土手は見慣れた風景で、退屈といえば退屈だけど、走りやすいと言えないこともありません。晴れて暑かったけれど、時折曇って風が吹いて、さわやかに感じることもありました。

17kmからくらいから、これは最後まで持ちそうだからペースを少しあげてみようか?と考え始めます。が、人間、苦しいことは嫌だし、このままのペースでも100分切りできそうだから充分じゃーん、という私の中の悪魔の心が囁きます。このころになると周りのペースが落ちてきていて、イーブンで走っているだけで周りをどんどん追い越していきます。

そんな折、走友会のメンバーが前を走っているのが見えたので、ロックオン。徐々に、徐々に間合いを詰めていき、残り1kmで捕獲成功w

そしてさらに50m前くらいにもう一人のメンバーが見えたので、そこからは全力で追いかけます。最後の1kmは4:09まで上げて、ゴール直前に追いつきます。

そして同時にゴール。なかなか気持ち良い展開でした。

ゴールタイムは1時間36分58秒。

f:id:shukuzou:20190505233814j:plain

まー、平凡な記録ですけど、満足です^^

(とは言いつつ、来月にガチで勝負するハーフレースに申し込んでいるので、こんなんで満足していたらまずいことは重々わかってはいるのですが・・・)

**********

ゴール後は青空宴会。日差しが強くて、マジで焦げそうになりましたが、走った後のビールは美味しいですよね。弱いくせに3本くらい飲んでしまった(^_^;)

Tシャツのデザインは微妙でしたけど(笑)、楽しい大会でした。

f:id:shukuzou:20190505233406j:plain

(そうは言いつつ、着てるけどねw)