夢は枯野を駆け巡る

中年女性が日々、鬱々とした気持ちで過ごしています。走ることや橋のことなど雑多なことを書いています。自己ベストは2018年12月のさいたま国際マラソン3時間16分。夢は国際ランナーになること。

友がみな われよりえらく 見ゆる日よ

 

友がみな われよりえらく 見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ

石川啄木

いろんな方のブログを読んでいると、走る事だけじゃなくて仕事でも私生活でも輝いている姿が見えて、ぱっとしない私はたまに劣等感を感じてしまうのですが、そんな心境を石川啄木はよく表現していると思います。親近感わくなー。

この石川啄木という人物、教科書にも載るくらいの有名な人ですが、経歴を調べてみるとなかなか面白い人です。

f:id:shukuzou:20180611092208j:plain

中学をカンニングがばれて退学させられ、代用教員になるも長続きせず、新聞記者になって放浪し、借金を重ね、妻がありながら浅草で女遊びをし、26歳で結核で亡くなりました。

そして女遊びの詳細をローマ字日記に書き残しました。(妻にはローマ字は読めないと思ったらしいとの説) ちなみに女遊びをした啄木の言い分(↓)

予は節子以外の女を恋しいと思ったことはある。他の女と寝てみたいと思ったこともある。現に節子と寝ていながらそう思ったこともある。そして予は寝た――他の女と寝た。しかしそれは節子と何の関係がある? 予は節子に不満足だったのではない。人の欲望が単一でないだけだ。

なんだこれはwwww人の欲望が単一でないだけだwwww

 

友人から借金しているくせにその友人の悪口を日記に書いたり、妻から仕送りをしてもらったお金で放蕩したり、巷では啄木は「クズ」と評されているようですw

中原中也と並び日本の文豪二大くずとされる。(太宰治を入れると三大くず。)(wikipediaより)

 「働けど働けど~」とか「たわむれに母を背負いて~」等の歌が有名なので、貧乏な勤労青年というイメージでしたがちょっと違うみたい(;^ω^) 

 

一度でも 我に頭を 下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと

(訳:一度でも私に屈辱的に頭を下げさせたやつら、みんな死んでしまえ!と念じたことがあった)

この歌もいいw 人から借金してそれを踏み倒してるくせに、妙に誇り高いw

それでも、石川啄木の周りには、彼を援助し続ける優しい人が多かったそうです。魅力的な人だったんですかね。

 

**************************

まぁ、そんな劣等感にまみれた私ですが、週末は啄木と同じように花を愛でて心癒されてきました。

水元公園では菖蒲祭りがはじまりました。日曜日はあいにくの雨でしたが、それでもたくさんの人が来ていました。雨と菖蒲、雨と紫陽花は絵になりますしね。

f:id:shukuzou:20180611093542j:plain 

f:id:shukuzou:20180611093623j:plain

f:id:shukuzou:20180611093713j:plain 

f:id:shukuzou:20180611093813j:plain

 

100均のカッパを着て、そのまま江戸川土手を走ってきました。10月までレースもないので、ペースは気にせずに・・・。気温は20℃くらいでしたので、涼しくてとっても気持ちよかったです。柴又100Kも一週間ずれていたら、かなり走りやすかったのにね。

f:id:shukuzou:20180611093839j:plain

(江戸川土手・柴又100Kのコースの対岸より)