夢は枯野を駆け巡る

中年女性が日々、鬱々とした気持ちで過ごしています。走ることや橋のことなど雑多なことを書いています。自己ベストは2018年12月のさいたま国際マラソン3時間16分2秒。夢は国際ランナーになること。

柴又100K ボランティア&応援

6/3(日)

「柴又100K」ウルトラマラソンの日でした。私は地元ですので、ボランティアとして参加させてもらいました。自転車に乗って柴又公園まで向かいます。

朝の5時半から10時まで、荷物預けの受付をしました。ゼッケン番号末尾の数字の棚に荷物を置く案内とともに、ゼッケンのない人は入場させない・一方通行(逆走禁止)の徹底・荷札の有無を確認、等の任務でした。

基本的に自分で置いて、終わったら自分でピックアップする方式なので、貴重品は入れない方がいいでしょう。荷物の入れ忘れ、取り忘れとかで戻ってくる方もいますし。

f:id:shukuzou:20180605095911j:plain

その他「ドロップバックはどこに預けるの?」とか「トイレは?」「参加賞はどこで貰うの?」とか質問される事も多くて、ちょっとアタフタしてしまいました(;^ω^)

そんな中、はてブロメンバーの方に声をかけて頂いたり、ブログ読んでますと言ってくださった方がいらっしゃったりして、とても嬉しかった!ブログやってて良かったと思う瞬間です。

(びあーさん、古本屋さん、おいやんさん、マックさん、よねランさん、お会いできて光栄です。抜けている方いたらごめんなさい。それにしても皆さんが会いに来てくれるので(※荷物を預けに来ただけw)ボランティアは超楽しい♪でも、気の利いた応援の言葉が全然でなくてホント申し訳ない💦)

f:id:shukuzou:20180605100000j:plain

f:id:shukuzou:20180605100029j:plain

 

荷物預けの入り口はテントになっていて直射日光は遮られていたけれど、それでも時間がたつにつれジリジリと暑くなってきて、これからのレースの過酷さを予感させるに十分でした。ボランティアの主任も「今日はリタイアが多いと思う」と・・・。

ランナーの背中に書かれたメッセージを読みながら(これがまた感動。「今日誕生日です」とか「初ウルトラ!」とか「お先にどうぞ」とかw)、みんな頑張って無事に戻ってきてねって心から思いました。

9時50分に60km組の最終がスタートして、任務は終了。初めてのボランティアで慣れないことも多く不手際があったとは思いますが、なにとぞご容赦を・・・・。

スタッフTシャツとクオカード(1000円分)を頂きました。普段自分が参加している時には見えない視点から大会を見られてとても楽しいので、ボランティアはおすすめです。やりたい時間帯も、やりたい仕事内容も選べますよ~。

f:id:shukuzou:20180605100101j:plain

*****

午後からは、車で移動して70km地点と80km地点で応援をしました。

かなりの陽射しの強さでした。歴代柴又100Kのなかでも過酷だった2014年に次ぐ暑さだったと思います。

みんな必死で走っている姿を見て、気軽に「頑張れ!」なんて言える雰囲気ではなく、ただただ圧倒されていました。

地元のサークルメンバーが3人出場しましたが、結局そのなかの2人は80km地点でリタイア。一人は脚攣りによる関門オーバー、もう一人は熱中症でした。

f:id:shukuzou:20180605100439j:plain

 

最後はゴールに戻り、バスで収容された仲間を迎えて、私の柴又100K応援は終わりました。

f:id:shukuzou:20180605100340j:plain

今年も過酷だった柴又100K。

そんな中で素晴らしい結果を残した方(びあーさん、サブ10おめでとうございます!初100kmでサブ10なんてかっこよすぎる!しびれるwwww)、命からがら完走された方、無念のリタイアされた方、様々だと思いますが、挑戦することは素晴らしいことだなぁと思いました。お疲れさまでした!!

暑さに懲りずにまた柴又来てくださいねwww