夢は枯野を駆け巡る

中年女性が鬱々とした気持ちで過ごす日常をメインに、走ることや橋のことなど雑多なことを書いています。フルマラソン自己ベストはさいたま国際での3時間16分。現在は絶賛記録停滞中で人生の悲哀を噛みしめています。

風が強い日に。

1月27日(土)

本当に平凡な一日だったけれど、それでもなんだか幸せを感じたので書き残そうと思います。

 

この日は天気はいいけれど、めちゃくちゃ寒い冬らしい一日でした。

ゆっくりロング走したいなー、と思ってサークルの友人と一緒に新中川・旧江戸川界隈を走ってきました。川沿いは信号もないし、眺めはいいから好き。

ただし、風は強かった(;´Д`)

f:id:shukuzou:20180129164125j:plain

金町から小岩を通り、葛西方面に時折休憩をはさみながら南下して、舞浜大橋を渡り、浦安方面へ向かいました。

途中の浦安周辺は昔の漁業の町の名残があって船宿もありました。

f:id:shukuzou:20180129163733j:plain

f:id:shukuzou:20180129163919j:plain

今でこそ浦安というとディズニーランドやリゾート、高級住宅地の華やかなイメージだけど、私の小さいときはこんな垢ぬけない町だったような。

 

f:id:shukuzou:20180129163845j:plain

境川西水門近くで境川を通って迂回したとき、そんな風景に懐かしさを感じ、このまま境川を下っていきたい衝動にかられたけれど、そうするとまた海にでてしまうのであきらめました。水門の後ろに見えるのは、東京メトロ東西線江戸川第一橋梁(1径間下路ランガートラス)。 

 f:id:shukuzou:20180129164158j:plain

 

江戸川に出たら、笑っちゃうくらいの向かい風だったので、柴又街道に避難。

途中で友人は柴又街道沿いの銭湯に寄るとのことで、そこでお別れしました。

ちょっと寂しいけど、それもなにやら晴れ晴れした寂しさ。

残りの約5kmは一人だったけど、不思議と気持ちは穏やかでした。 

f:id:shukuzou:20180129164009j:plain

 

総距離39km、6時間かけて楽しみました。

 

文章にすると本当にたいしたことがない一日だ(;^ω^)

でも、こういう一日もあったという事、忘れてしまいたくないのです。