読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は枯野を駆け巡る

中年女性が日々、鬱々とした気持ちで過ごしています。

鹿沼さつきマラソン(ハーフ)振り返り

 

鹿沼さつきマラソンのハーフは3年前に一度出場したことがあり、今回はその時の記録よりは上回りたい、そして暑くなければ100分切を目指す!という目標を立てました。

 

前回のタイムは何分だったかな~?と思い、記録証を引っ張り出してみたところ1時間45分45秒でした。お、意外にいいタイム(自画自賛)と思ったと同時に、カテゴリーが「39歳以下女性」だったので、時の流れの早さに驚愕しましたw

あのころは若かったな~自分。

 

当日はうっすらと涼しく(気温17度)、曇り空でマラソンには絶好の気候になりました。

うーん、これは言い訳できない。8時ころバスで現地到着。

 

f:id:shukuzou:20170515113823j:plain

会場でプログラムと参加賞(アームポーチ)とはるばる賞のさつきの苗木を頂きます.(ちなみにさつきの苗木、いつも枯らしてしまうので今度こそちゃんと花を咲かせたい)

 

グラウンドは前日の雨でぬかるんでいます。当日は雨が止んで助かりました。

f:id:shukuzou:20170515113801j:plain

 

以下レース振り返り。

 

★★★

スタート時整列はタイム別ではありません。ゆるい感じ。

 

ほどほどのところからゆっくりスタート。初めのうちは渋滞していたが、次々と抜いていくうちにスイッチが入ってしまう。序盤は4分40秒くらいでいこうと考えていたが、2kmのラップでいきなり4分30秒がでてしまい、これは速すぎるか?と思いつつコース自体アップダウンがあるので1kmごとのラップを見ていても参考にならず、そのまま押していくことにする。

 

4kmくらいで比較的急坂と細かな上り下りが続き、体感的にキツくなる。

5km~6kmは小さな折り返しスライド区間

8kmで橋を渡り地形的にはゆるやかに上っていく。

ここらあたりで横っ腹が痛くなる。これはオーバーペースで突っ込んだ時にかなりの確率でなる症状(私は)。お腹を押さえつつ、少しペースダウンしつつ治まるのを待つ。

 

このころから東武日光線の脇を走り、長い長いスライド区間(7km~18km)になる。

給水所は基本、水とスポドリだけだが14km付近でいちごのエイドを発見。が、しかし見つけるのが遅すぎて、通り過ぎてしまった!これは大ショックで「戻ろうか?!」と迷ったものの、断念。(危ないしね・・・)

果物エイド、大好きなのに!往路で確認していなかったのは不覚・・・。

(ちなみに鹿沼は去年11月に「いちご市」宣言をしてイチゴ推しのよう。プログラムにも「いちごいちえ」って可愛いいちごのイラストでPRしていた。)

 

そのうちなぜか調子よく走れる様になる。(後から高低図を見ると12キロ過ぎくらいからずっとなだらかな下り坂だった)

f:id:shukuzou:20170515113942j:plain

 

いつもは後半に結構落ちるのに、今日は粘れるな~、なんて勘違いしながら気分良く走る。周りも同様だったみたいで、このあたりは人を抜いたりとか抜かれたりとかあまりなく、同じメンバーでどんどん進む感じ。ただ、苦しくはないけれど、今日は足に衝撃を感じるなぁと思っていた。下り坂で足に負担がかかっていたようだ。

 

18kmすぎくらいから、少し天気が良くなってきて晴れ間が見えてきたので、暑くなる前にゴールしなければ、と思うのと同時にあと3kmなら耐えられるだろう、セーフだなと思う。

途中にかぶり水も用意されていたり、ミストシャワーもあったりして有り難い。

 

最後の急坂はそれでもやっぱりきつく、特に2段階目の最後の坂は「駆け上がろう」と思っていたけれど無理だった。勾配キツイよ・・・。

でも最後の最後はダッシュしてゴール。100分切れた~。

 

グロスタイム1時間38分

ネットタイム1時間37分

 

ラップは

4:53/4:30/4:30/4:39/4:46

4:34/4:26/4:32/4:47/4:45

4:40/4:44/4:39/4:33/4:35

4:33/4:33/4:32/4:31/4:39

5:02/0:11(57m)

 

★★★

 

本命レースではないから調整もしなかったし前日も走ったけれど、それでも100分切れたから満足です。1時間35分切りするにはここから3分削り出さなければならないのですが、それはまだまだという感じ。

でも4’30”/kmで走ることがそんなに特別キツクはなくなってきたので、それは収穫か。