夢は枯野を駆け巡る

中年女性が日々、鬱々とした気持ちで過ごしています。

【昔話】初フルの思い出

最近初フルを走った方のブログを読んだので、自分の初フルはどんなだったかを思い返してみました。

丁度、そのころmixiをやっていて、日記を書いていたはず。

その後すっかりご無沙汰してしまっていて、ログインパスワードすら忘れていましたが、やっとのことでログインすると、ちゃんと日記も残っていました。

私の初フルは2008年11月30日のつくばマラソンでした。

 

とても懐かしかったです。自分で言うのもなんですが、まだ初々しいです。

初フルはどんな人でも一度きり。思い出に残るレースは数あれど、やっぱりこの時のドキドキ・ワクワク感に勝るものはありませんでした。そして、稚拙な文章だけれど、残しておいてよかったなあと思います。

このころは完走が目標ではあるものの、実は心のなかでは4時間程度で走れるかも?なんていう根拠のない自信があったのが自分でも不思議です。

(事前に25kmを1回しか走っていないのにw)

今より若かったから、ポジティブというか・・・楽観的ですね。面白い。

 

(以下mixiより転記)

 

初フル!つくばマラソン(2008年12月1日投稿)

11月30日、つくばにて、フルマラソンデビューを果たしてきました! しかし、それはとても長くて辛い42.195キロでした・・・。

 

当日、朝快晴。つくばXPで研究学園、そこからバスで会場入り。(相変わらず座れず) 受付・着替え・荷物預け・トイレ、すべて順調。スタートラインに並ぶ。 申請タイムが遅かったため、かなり後ろのほうからのスタート。

 

号砲が鳴ってからスタートラインを越えるまで8分半を要する。 スタートはキロ6分少々で入る。少し余裕をもって走って、後半あげられたらあげようと考えていた。困ったことに、スタート直後のこの時点でトイレに行きたくなる。スタート30分前に行ったのに~(涙)しかし、トイレはすごく混んでいるみたいなのであきらめ。そのまま、20キロ付近間までイーブンペースで行く。そうこうしているうちにトイレのことは忘れてしまった。

 

ハーフ通過がスタートロス含め2時間21分。このままいけば大体4時間半くらいでゴールできるかも?と思う。(後から考えれば激甘)

そして迎えた25キロ。練習で走った最長距離は25キロなので、ここからは未知の領域。まぁ、なんとかなるだろうと思っていたのだが、全然なんともならなかった!

段々と足が重くなってきて、キロ6分のペースでさえ維持できなくなってくる。 31キロのエードではお汁粉があり、それだけは食べたいと走る前から思っていたので25キロすぎからは「お汁粉~、お汁粉~」って思って走っていた。 31キロまで何とかたどり着き、お汁粉をおいしく頂く。(このお汁粉、お餅が入っていると思っていのだが、さらさらの汁でびっくり。でもよく考えるとそんなことしたら喉に詰まらせて死人がでるかもしれないな)

そしてまた走り始める・・・・が、お汁粉を食べてしまった今、次の目標もなく、とても辛かった。

足が攣りそうで、歩道でストレッチをする。このころになると周りには歩いている人が続出。私はとりあえず、歩かずに完走したかったので、どんなにゆっくりでもいいからと走り続けた。 そして3回目くらいのストレッチをしようと道路から歩道に上がりかけた時、転倒する。たった15センチほどの段差も乗り越えられないほど足があがらなくなっていた。。。 幸い植込みのある柔らかいところだったので、怪我もなく、良かった。恥ずかしかったけど。。

35キロすぎてからは、私にとってまさに地獄でした(T_T) 足は痛いし、肩は痛いし、暑かったり寒かったり(日向と日陰の差がありすぎ)、もう止めたいくらいだった。周りもとても辛そうで、もくもくとゴールを目指す光景はさながら「死の行軍」。

40キロこえても「まだ2キロもあるのか!」って感じ、全然テンションが上がらない。大学構内にはいってからも長かった。やっとのことでトラックに入ってもラストスパートなんてかけられない。

やっとの思いでゴール!

タイムは 4時間46分(ネット4時間37分) でした。

 

もう、足はガクガク、体はボロボロ、チップはずして着替えるのすらキツかったです。 ちなみに、相方は初フル、サブフォー達成!!お見事でした

私「もう、フルマラソンはいいかな・・・・。死ぬかと思ったし」

相方「俺もサブフォー達成したし、思い残すことはないよ」

二人してぐったりお疲れです。 フルマラソン走るって、すごいわ。やる人ソンケーする。こんな辛いことやるために1万人以上集まるなんておかしいよ!(笑)